整形外科

三本の波線
足

運動器官を構成するすべての組織、つまり骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの疾病・外傷を対象とし、その病態の解明と治療法の開発および診療を行う専門領域です。新生児、小児、学童から成人、高齢者まで全ての年齢層が対象になり、その内容は多様で治療の必要な患者数が極めて多いのが整形外科の特徴です。

 

リウマチ科

三本の波線

関節リウマチは早期の治療開始が大変重要です。関節リウマチと診断された後、できるだけ速やかに適切な治療を行うことで、関節の進行を防ぎ、よい状態を保つことができると考えられています。気になることや疑わしい症状がある場合は早めに医療機関を受診しましょう。

 

リハビリテーション科

三本の波線
リハビリ中の人

リハビリテーションとは単に訓練をさす言葉ではなく、障害をもった方が可能な限りもとの社会生活をとりもどすことを意味します。それには障害自体が軽減するように機能訓練を行う必要もありますが、それ以上に本人が生活の中で積極的に体を使うことが重要です。

 

小児整形外科

三本の波線
足

子ども(乳幼児から青年期まで)の運動器に関係する先天性疾患から外傷にいたるまで、あらゆる小児整形外科疾患に対応する科です。日々成長する子どもの運動器の疾患に対し正しく診断し、適切なタイミングで治療を行うことは非常に重要です。

 

外科

三本の波線
外科.png

外傷や熱傷を中心に 縫合や処置を行っております。
四肢の腫瘍に関してもご相談下さい。